マンションのリフォームが可能な範囲

マンションのリフォームを考えた時、どこまで手を加えても良いかという疑問が出てくると思います。専有部分と共用部分のあるマンションならではの問題点ですが、基本的には専有部分だけしか手を加えられないのが普通です。共用部分については管理組合が管理しているものですから、個人が手を加えることはできないのが普通なのです。またベランダや外壁に面したサッシ、玄関ドアに関しても共用部分となっていますので、ガラスが割れたり鍵が壊れたという場合を除き独断で手を加えることはできないのです。このような内容はほとんどのマンションで同じような規約となっていますが、マンションは管理組合が管理していますので、独自の規約を設けている場合もあります。その場合には管理組合の規約を優先させる必要があるため、マンションリフォームを計画する場合は、管理組合の規約を確認することからはじめる必要があります。確認が不十分でトラブルに発展することもありますので、確実に行う必要があると言えます。

リンク